Questant BLOG ���エスタ�����������������������������������������������������������������������������������������������

ア�������ケ���������ト����������������������������������った
新���識�����ロ���

�����������ロ���の記事や������������������������タの����������������������につ������������������������
support@questant.jp までご������������������������������������������������������������������������������������������������。

��������で�����������じめ���れ���、
かん�����んセ�������フアンケー�������ASP �������������������ートをつく���う �����������めよう 見���������け������������ ���������タントを体�������
ビジネス

ビジネスメールのNGライン:「w」や「顔文字」は完全にアウト!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
C778_iphonegamenmiru500

いつもお世話になっております。クエスタントブログ編集部では、社会人の男女に、「ビジネスメールのNGライン」に関するアンケートを実施しました。

目次
・不支持率ナンバーワンの表現が判明!あなたは使っていませんか?
・送信相手の部署名まで記入するべき?その他謝り方など、NGに注意!
・ビジネスメールの冒頭と文末に使われるフレーズ第一位が判明

728_90_J

【不支持率ナンバーワンの表現が判明!あなたは使っていませんか?】

POINT:32%が「許せない」と感じたビジネスメールをもらった経験有り

Q.今までもらったビジネスメールで「これは許せない!」と感じたことはありますか?
Q1 (72)

実に32%の方が、ビジネスメールで許せないと感じた事があるようです。続いての質問では、具体的に「どんなビジネスメールがNGなのか」という事に関する調査を実施しています。

 

POINT:不支持率第一位は「w」で83%がNG認定

Q.社外の人に送るビジネスメールとしてNGだと思うものを選んでください。

Q2 (64)

上記は、20個以上の項目から最も多くの人がNGと認定したワースト5。最もNGなメールとされたのは「w」でした。「顔文字であれば全てNG」だと認定した人も8割を超え、ビジネスメールの自由度は非常に低いことが伺えます。

続いては、世代別の傾向について。

 

POINT:「w」を不支持としたのは、20代、30代に多い事が判明。
40代以上では、「語尾のオリジナリティ」の不支持率が最多

20代ワーストファイブ
Q2 (68)

20代で最も不支持率が高かったのは、「w」となりました。基本的には30代も似たような傾向で、ワースト1位は「w」となりました。この世代が最も「w」を使いこなしていると考えられますが、それゆえ、ビジネスメールでの使用をNGとする人が多いのでしょうか。

また、「w」は40、50代共に80%以上がNGを出しましたが、それらの年代でワースト1位になったのは共に「”〇〇ですぞ”等、語尾に何らかのオリジナリティを出す」という項目となりました。

語尾のオリジナリティに関する項目の不支持率は実に40代で100%、50代で92%という驚異的な数値に。
続いては、謝り方などに関するNGメールについて。

 

【送信相手の部署名まで記入するべき?その他謝り方など、NGに注意!】

POINT:冒頭に送信相手の名前を入れない事をNGとした人は49%に

送信相手の情報について
Q2 (65)

ビジネスメールの書き出しでは、「いつもお世話になっております」等のフレーズの前に、相手の名前等を明記するのが基本的なスタイルではないでしょうか。中には、以下のように部署名まで丁寧に記している人もいます。

ーーー
〇〇会社

〇〇部署

〇〇様

いつもお世話になっております。
ーーー

そんな中、今回のアンケートでは、「冒頭に送信相手の名前を入れない」をNGとした人が49%と約半数になりました。一方で、「部署名を入れない」事をNGとした人は、21%という結果に。ぜひ参考にしてみてください。

続いてはメールを送信する人の情報について。

 

POINT:冒頭に送信主(自分)の名前を入れない事をNGとした人は40%!

送信主の情報について
Q2 (66)

ビジネスメールを送信する際に、「冒頭に送信主の名前を入れない」をNGとしたのは40%という結果に。よく考えてみると、メールアドレスなどで、送信主情報がわかるケースは多くありますね。

部署名を入れないことをNGとした人も24%ですので、ぜひ参考にしてみてください。続いては、ビジネスメールでの謝罪におけるNGについて。

 

POINT:謝り方は、「ごめんなさい」より「すいません」の方がNGだった!

謝り方について
Q2 (67)

ビジネスメールでの謝罪において、「ごめんなさい」「すいません」「すみません」の3つの項目を抽出した今回の調査で最もNGとされたのは「すいません」で、54%となりました。続いて「ごめんなさい」は52%に。

「すみません」の不支持率は23%ですから、「すみません」と「すいません」を間違えないようにしたいものですね。

続いては、ビジネスメールの書き出しについて。

 

【ビジネスメールの冒頭と文末に使われるフレーズ第一位が判明】

ビジネスメールにおける冒頭の書き出しについて

Q4 (29)

1位は「いつもお世話になっております」が6割を超える支持を集めて、ダントツの1位に。また、回答は上記グラフの項目に集中。今回は、20項目以上の書き出し方から選んでもらいましたが、上記グラフの回答だけで90%を超えています。

また、「特に決まったフレーズはない」と回答した人は、1%となりました。続いては、文末に使うフレーズについて。

 

POINT:文末は「よろしくお願いいたします(致します)」がトップで、38%

ビジネスメールの文末に使うフレーズについて

Q5 (18)

ビジネスメールの文末に使うフレーズについては、「よろしくお願いいたします」がトップの38%となりました。

「その他」を選んだ人では「メールの内容や、その時々の状況によって変わる」と答えていましたが、それ以外では、ほぼ100%の方が決まったフレーズを使用していることがわかりました。

また、「お願い”イタシマス”」の”イタシマス”は漢字かひらがなか?という質問では、74%の人が「お願い致します」と、漢字で表記する事が判明しています。

 

【まとめ】
今回の調査では、ビジネスメールで最もNG認定が多かったのは「w」となりました。ビジネスメールの文頭には「いつもお世話になっております」文末には「よろしくお願い致します」が最も多く使用されていることも判明。

顔文字や「(笑)」等の不支持率も圧倒的に高いため、ビジネスメールでカジュアルな表現は避けておいた方が良さそうですね。

クエスタントブログでは、引き続き新たな常識を発見していきます。

みなさんもぜひ、アンケート作成ASP「クエスタント」でアンケートを作成されてはいかがでしょうか。

————

記事や調査データの転載についてはsupport@questant.jpまでご相談ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RANKINGランキング

アンケートを作る Questant アンケートに答える Questant アイディアを発見する ミルトーク
このページのトップへ